金融業 × AI技術

業界背景

昨今の金融業界において、「犯罪収益移転防止法」への対応および「デジタル化」への推進が強く求められており、高いセキュリティ(安全性)と利便性が共存したシステム構築が必要となっています。お客様の大切な資産を預かっているからこそ当然のように高いセキュリティが求められる一方で、インターネット口座やキャッシュレス決済の普及により利便性の向上も求められます。

その中でも特に本人確認においては、対応が急務で求められており、高い安全性と利便性を共に兼ね備えた本人確認システムの早急な導入・提供が大きな課題となっています。

また、窓口業務として日々行われている各種手続きにおいても、入力/確認の正確性が求められる作業が多いことに加え、内部工程も多く、お客様の待機時間の長時間化に繋がってしまっていることも課題となっています。

抱える課題

  • 本人確認で高いセキュリティと利便性向上が共存した独自システムの開発が難しい

  • 内部工程が多く、正確性が求められる作業も多い各窓口業務に時間がかかり、お客様をお待たせしてしまう

  • 作業工程が多い業務が多数存在するため、他業務への工数確保が難しい

AI導入で犯罪収益移転防止法への対応

高いセキュリティと利便性が共存した本人確認システムの早期導入、店舗運営の効率化、ヒューマンエラーの軽減などにより、「犯罪収益移転防止法」への対応に加え、顧客満足度の向上や従業員の業務負担軽減を実現することができます。

金融業へのAI導入のメリット

  • 本人確認システムの
    早期導入

  • 従業員の業務負担軽減

  • 来店客の待機時間軽減、
    円滑な店舗運営の実現

  • 業務効率化

業界のAI技術活用例

  • CASE 1

    金融業×オンライン本人確認

    • 低コストかつ高い顧客体験を提供可能

      口座開設やキャッシュレス決済申請時などにおいて、eKYCを活用することで、本人確認フローを郵送ではなくオンラインで完結できるようになるため、低コストでフローを構築することができます。

      また、利用ユーザーにとっても短期間・短時間で手続きを済ませることができるため、顧客満足度の向上につながります。

      LINEのオンライン本人確認

      LINE eKYC

      オンライン本人確認サービスです。文字認識と顔認識のAI技術を組み合わせたオンライン上で本人確認を完結するソリューションです。

      詳しくみる
  • CASE 2

    金融業×AI-OCR

    • 顧客が記入する各種手続き書類のデータ読み込み、入力自動化

      AI-OCRをご活用いただくことで、膨大な書類を効率的にテキストデータ化できます。

      お客様が記入される各種手続き書類などの処理を、一部AI-OCRが代替することで、内部工程の削減および手入力作業を含む業務負担の軽減を実現します。

      LINEのOCRサービス

      CLOVA OCR

      悪条件下でも認識可能な世界最高水準(※)あらゆる書類や画像をテキスト化できます。※ICDARという国際会議で4分野で世界No.1の評価を獲得(2019/3/29時点)

      詳しくみる

イベント・セミナー情報

ご相談・お問い合わせ

AIサービス導入についてのご相談や、
パートナーシップ提携はこちらから。

ご相談・お問い合わせはこちら
  • メルマガ登録

    LINE CLOVAのセミナー情報や事例などの
    最新情報をお届けします。