小売業 × AI技術

業界背景

コンビニエンスストアやスーパーマーケットは24時間営業や深夜営業等のニーズが高く、24時間または深夜営業が世間一般では当たり前となってしまっている一方で、慢性的な人手不足が課題となっており、その中でも特に深夜~早朝時間帯の採用難は深刻化しています。そのため、オーナーや店長などの業務過多や長時間労働が大きな社会問題となっており、急速に解消することが求められています。

また、業界内での競争が激化しており、各社新製品の発売以外にも来店客数や売上の増加に繋がるキャンペーンなどを行い、差別化を図る必要があります。

百貨店業界では若者の百貨店離れが課題となっていましたが、昨今の新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大により年代に関わらず来店者数の大幅な減少が問題となっています。近年では日本の若者の百貨店離れがある一方で、外国人観光客の百貨店利用者が増加していました。そのため、英語を始めとした多言語対応も求められています。

抱える課題

  • 人手不足による店舗従業員の業務負担が大きい

  • 人対人の対面接客における感染防止対策に限界がある

  • 多言語に対応できるスタッフの確保が難しい

AI導入で顧客の満足度および
利便性の向上

AIが来店/販売促進に繋がるキャンペーン実施のサポートや接客のサポートなどをすることで、従業員の業務負担軽減、外国人観光客を含めた顧客の満足度および利便性の向上に繋がると同時に、感染防止対策にも繋がります。

小売業へのAI導入のメリット

  • 店舗従業員の
    業務負担軽減

  • 来店促進/販売促進に繋がる
    キャンペーンの実施

  • 感染防止対策を
    実施した店舗運営

  • 多言語対応による
    顧客満足度向上

業界のAI技術活用例

  • CASE 1

    小売業×AI-OCR

    • AIを活用して来店・購入促進に繋がるキャンペーンを実施

      従来、紙のくじなどで行われていた店舗での販促キャンペーンを、レシートとAI-OCRを組み合わせてオンライン化することでができます。

      それにより、従業員と消費者間の対面接触を減らすことができ、感染症防止対策を考慮しながら、これまで同様に販促キャンペーンを実施することが可能です。

      また、これまで従業員が行っていた、購入金額に応じたキャンペーン参加可否の判断や、キャンペーン参加結果を確認する工程なども簡略化でき、店舗オペレーションの負荷を軽減してキャンペーンの実施ができます。

      LINEのOCRサービス

      CLOVA OCR

      悪条件下でも認識可能な世界最高水準(※)あらゆる書類や画像をテキスト化できます。※ICDARという国際会議で4分野で世界No.1の評価を獲得(2019/3/29時点) 詳しくみる
  • CASE 2

    小売業×AIチャットボット

    • インフォメーション業務にAIを導入し、多言語応対を実現

      百貨店などのインフォメーション業務において、AIチャットボットが導入された問い合わせ応対機器を設置することで、簡単な質問にはAIが即時に応対且つ多言語対応できるようになるため、外国人観光客を含め顧客の満足度および利便性の向上に繋がります。AIチャットボットに音声認識も加えることで、入力操作を最小限にした応対システムも実現することができます。

      また、インフォメーション担当スタッフ数を最少人数で運営できると同時に、従業員の業務負担軽減へ貢献します。

    • 販売促進に繋がる接客業務をAIでサポート

      お得情報・おすすめ商品・新商品の案内、サイズ・カラー展開などを含む商品情報の検索、商品の在庫確認などをAIチャットボットで応対できるようにすることで、販売促進への取り組み、顧客の利便性向上に繋げることができます。

      また、決済システムと連携させることで、商品情報の検索から購入、決済、商品受取方法の選択(発送、店舗受取など)まで一連の工程をお客様のスマートフォン内で完結させることもできます。

      LINEのAIチャットボット

      CLOVA Chatbot

      LINE公式アカウントとも連携可能。お客様からのよくある質問への応答や接客用Botにも展開できます。 詳しくみる

イベント・セミナー情報

ご相談・お問い合わせ

AIサービス導入についてのご相談や、
パートナーシップ提携はこちらから。

ご相談・お問い合わせはこちら
  • メルマガ登録

    LINE CLOVAのセミナー情報や事例などの
    最新情報をお届けします。