イベント・セミナー情報

高精度、高セキュリティ、
スムーズな「LINE eKYC」

LINE eKYCとは、安全性と利便性を両立した
最高のUXでスピーディにオンライン本人確認を完結するソリューションです。
あらゆる業界に対応し、あらゆる環境に自由にカスタマイズ。
安心・安全×スムーズなオンライン本人確認を実現します。

eKYC(オンライン本人確認)とは

eKYCとは、オンライン上で本人確認を完結する仕組みのことで、様々な業界/サービスで利用されています。時間のかかる郵送の手続きに比べ、スマホやWEB上で完結するため、スピーディに本人確認を行うことが可能です。2018年「犯罪収益移転防止法」施行規則の改正により、オンラインのみでの本人確認が可能になりました。一方、従来の郵送による本人確認は、2020年の再改正で厳格化され、より複雑な手続きが必要になりました。今後、各企業で本人確認方法の見直しが急務となり、社会的にeKYCの導入が進むことが想定されます。

金融業界から一般企業まで
あらゆる業界における本人確認の課題を解決します

  • 審査戻りを減らし
    本人確認の工数・コストを削減

  • 「犯罪収益防止法」に対応し
    不正アクセス・不正利用を防止

  • システム要件にあった高精度な
    機能を低コストでかんたん導入

  • 手続きを簡略化し
    サービス提供までの時間を短縮

  • 審査戻りを減らし
    本人確認の工数・コストを削減

  • 「犯罪収益防止法」に対応し
    不正アクセス・不正利用を防止

  • システム要件にあった高精度な
    機能を低コストでかんたん導入

  • 手続きを簡略化し
    サービス提供までの時間を短縮

導入事例

LINE Pay株式会社

eKYCのメリットを最大限に活かした導入事例
スピーディな本人確認をスマホ一台で完結

郵送による本人確認でかかる時間とコスト削減をLINE eKYC導入で実現。
必要な各種サービスの申し込みに非対面・オンラインで対応。最高のUXで、お客様に快適で安心なeKYCサービスを提供。

LINEアプリで本人確認をおこなうことが可能な
「スマホでかんたん本人確認」

事例インタビューを読む

渋谷区

渋谷区におけるeKYCとLINEアプリを活用した
一歩先を行く行政サービスの効率化

渋谷区では、LINE eKYCとLINEアプリを活用した行政サービスの効率化を実現。LINEアプリ上でオンラインの本人確認を行い、住民票などの申請やLINE Payで手数料の決済ができるサービスを提供。セキュリティとユーザビリティのバランスを特に重視し構築。

LINEアプリで住民票及び税証明書を申請すると
自宅に書類が届く「オンライン申請」

  • 申請ボタンをタップ

  • 内容説明及び手続開始

  • 申請書の記載事項確認

  • 申請内容確認

  • 写真撮影

  • 申請ボタンをタップ

  • 内容説明及び手続開始

  • 申請書の記載事項確認

  • 申請内容確認

  • 写真撮影

LINE eKYCを活用したイベントレポートを読む イベントレポートを読む

ユースケース

ご利用目的に合わせ、必要なタイミングでオンライン本人確認を実現。
さまざまな業界やサービスで活用されています。

  • 金融機関
  • 生命保険・証券
  • ファイナンスリース事業者
  • クレジットカード事業者
  • シェアリング/マッチングサービス
  • e-マーケットプレイス
  • 行政サービス
  • 馬券/宝くじ/たばこ/お酒などの購入時
  • チケット販売・リセール時
  • 宝石・貴金属等取扱事業者
  • 士業(司法書士/行政書士/税理士など)
  • 宅地建物取引業者

口座開設時・会員登録時の
本人確認

金融業界やフィナンシャルサービスなど、高セキュリティが求められる場面での本人確認

口座保有者への継続的な
顧客確認

主に金融業界で、口座開設後に定期的な顧客確認が必要な場面での本人確認

取引時・サービス提供時に
都度行う本人確認

シェアリングサービスや自治体など、サービス提供前に必要な場面での本人確認

口座開設時・会員登録時の
本人確認

金融業界やフィナンシャルサービスなど、高セキュリティが求められる場面での本人確認

口座保有者への継続的な
顧客確認

主に金融業界で、口座開設後に定期的な顧客確認が必要な場面での本人確認

取引時・サービス提供時に
都度行う本人確認

シェアリングサービスや自治体など、サービス提供前に必要な場面での本人確認

LINE eKYCの特長

POINT 1

「改正犯罪収益移転防止法」
などの法律に対応

「改正犯罪収益移転防止法」に伴う、金融機関における本人確認の真正性・リアルタイム性をサポートします。
携帯電話不正防止利用法や古物営業法、自主規制の不正転売防止法など、様々な法律にも対応し、
精度の高い真贋判定により、セキュリティ性の向上と業務負荷を軽減します。

POINT 2

初期費用を抑え、
さまざまな環境に導入が可能

ユーザー向けのネイティブアプリだけでなく、申し込みフォームなどのWebアプリや
LINE公式アカウント、LINEミニアプリにも導入ができます。
クラウド型のサービス(API)で提供しているため、サーバー構築などの初期構築費用を抑えられます。

※ネットワークなどの制約がある企業様向けには、オンプレミス対応もしております。ご相談ください。

POINT 3

実現したいユーザビリティや
審査フローに応じて
自由にカスタマイズが可能

操作画面は自由に設計いただくことができます。
また、審査過程で「郵送の工程をオンライン化したい」「オペレーターなど人手で確認している工程を自動化したい」など、
業務負担を軽減したい場面に、最適なAIを選んで導入いただくことが可能です。

  • 操作画面は
    自由に設計

  • 業務負担を軽減したい工程を
    オンライン化・自動化

  • 必要な場面に
    最適なAIを導入

  • 操作画面は
    自由に設計

  • 業務負担を軽減したい工程を
    オンライン化・自動化

  • 必要な場面に
    最適なAIを導入

AIを活用した業務効率化をご検討の方に

製品資料ダウンロード

POINT 4

正確さ・安全性を保ちながら
本人確認の業務負担を軽減する
"最高水準のAI技術"

審査戻りを減らし、本人確認の業務負担を減らすためには、AI技術の精度は重要なポイントです。
オペレーターの目視確認を減らし、BPOサービスのコスト削減につながる要素技術をご提供します。

  • CLOVA OCR(身分証特化型 文字認識技術)CLOVA OCRについて

    本人確認書類の画像から文字を抽出

    本人確認書類を正しく読み取り、審査基準に適した身分証の情報を抽出。審査業務の手入力作業を軽減。

    読み取り可能な本人確認書類

    運転免許証、運転経歴証明書、パスポート、マイナンバーカード、在留カード

  • CLOVA Face(顔認証技術)

    本人特定、同一人物であるかを解析

    写真と本人の同一人物判定やランダムなポーズを判定する生体検知などをリアルタイムに。
    なりすましや不正を防止。

  • 真贋判定サポート

    本人確認書類や顔写真の真贋を解析

    本人確認書類の表・裏を認識し、厚み撮影時に必要なカードの矩形や角度を解析。
    セキュリティの向上と審査戻りをへらすことで、業務負担を軽減。

POINT 5

個人情報を保持しない
高いセキュリティ

様々な高いセキュリティ対策を実施し、
プライバシー保護、セキュリティ面を重視し、安全で安心できる環境をご提供します。
LINE株式会社のプライバシー・セキュリティに関する取り組みについてはこちら

導入の流れ

APIの提供のみ

※APIは、既存のシステムに素早く実装可能です

カスタマイズなどの新規案件

※新規開発などは実装方法によりスケジュールが異なるため、
お問い合わせください。

LINE eKYCを
ご検討の方へ

あらゆる業界に対応し、あらゆる環境に
自由にカスタマイズ。
高精度、高セキュリティでスムーズな
オンライン本人確認を実現する
LINE eKYCのお問い合わせはこちら。

お問い合わせ

LINE eKYC 概要はこちらから

製品資料ダウンロード