金融機関向けソリューション

On LINEで実現する継続的顧客管理

お問い合わせはこちら

On LINE 継続的顧客管理とは

従来の手法である郵送・e-mailなどに加え、新たな手法としてLINEを活用した継続的顧客管理を提案します。
顧客は使い慣れたLINEを使用し、最短5分で回答が完了。スマホ1台で完結する最高のユーザー体験を提供します。

継続的顧客管理が必要な背景

2021年8月にFATF第4次対日審査結果が公表され、日本の金融機関が顧客情報を最新のものにできておらず、
その結果適切なマネーローンダリング対策が適用できていない懸念を指摘されています。
上記を受け、政府は「金融機関等による継続的顧客管理の完全実施」を掲げており、
金融機関は2024年春までに継続的なAML・CFT(マネロン対策)観点でのデューデリジェンスを行う必要があります。

そんな中、2022年4月に、金融庁が「取組に遅れが認められる事例」として、「情報更新に関して、アンケートの郵送・回収のみで
対応しようとし、回収率が低水準である中で、その他の情報更新の方法について検討できていない」ことを挙げている等、
郵送以外のソリューションも活用したより一層の迅速な実施を求められています。

※金融活動作業部会

こんな課題はありませんか?

継続的顧客管理の実施にあたり、郵送・e-mail等の活用が一般的ですが、さまざまな課題があります。

フィッシング詐欺等を
疑われる

顧客からの回答が
得られない

コストが高い

その課題、On LINE
継続的顧客管理で解決します!

  • ico_task1

    信頼性の保障

    LINEの審査を通過した認証済みアカウントには認証マークが付くので一目で判別できる。

    詳しく見る
  • ico_task2

    回答数向上

    使い慣れたLINEで、スマホ1台で完結するので回答しやすい。

    詳しく見る
  • ico_task3

    コスト削減

    送付、回収、結果の連携まで一貫してデジタル対応することでトータルコストが抑えられる。

    詳しく見る

製品の詳しい資料を
ご希望の方へ

資料請求はこちら

ご利用イメージ

顧客は生年月日等の本人しか知りえない情報で一定の当人認証を行った上で、eKYCや顧客情報の入力画面に遷移します。
送付の際のメッセージや顧客情報の入力は豊富なテンプレートをご用意しており、
金融機関様は組み合わせるだけですぐに送付することが可能です。

図はスライドできます

img_hand_small
  • img_use_swp1

    "LINE"の
    LINE公式アカウント

  • img_use_swp2

    銀行の
    LINE公式アカウント

  • img_use_swp3

    生年月日等の認証

  • img_use_swp4

    eKYC

  • img_use_swp5

    顧客情報の入力(一部抜粋)

3つの特徴

ico_trust.svg

信頼性の保障

  • LINE信頼性保障の
    取り組み

    24時間365日の監視とセキュリティ専任部門による脆弱性検査を行っています。

  • On LINE 継続的顧客管理
    データの取扱い

    データは暗号化して国内のサーバーに保存、その後24時間以内に自動削除されます。

    ※お客様の本人確認プロセスの途中でお客様が離脱された場合に、離脱時から再開できるように一時的にサーバーにデータを保存する仕様です。
  • フィッシング詐欺の防止

    LINEの審査を通過した「認証マーク」がついたアカウントのみからメッセージを送信。未認証アカウントからLINE通知メッセージを送ることができないため、フィッシング詐欺の対象となることはありません。

    ※LINE通知メッセージの詳細はQ&Aを参照
ico_response.svg

回答数向上

顧客の使い慣れたLINEで
効率よくアプローチ

生活に欠かせないアプリケーションとして定着しているLINEを活用し顧客にアプローチをすることができます。

img_response_merit img_response_merit
  • 顧客に見てもらいやすい

    郵送、e-mailでは届かない顧客にも、LINEを使用することでリーチ可能。

    img_response_approach1 img_response_approach1
  • 幅広い層に伝えやすい

    LINEのユーザーへのリーチ力を活用し、今までリーチできなかった層にアプローチ可能。

    img_response_approach2 img_response_approach2
  • 顧客とつながりやすい

    顧客が使い慣れているLINEだから、継続的なコミュニケーションが期待できる。

    img_response_approach3 img_response_approach3

LINEのメッセージで
回答を促進

顧客への初回通知はもちろん、一定期間後に回答が得られなかった場合のリマインド通知や、
回答後に修正が必要な場合の不備通知もLINEでメッセージを送付することができます。

  • img_response_message1 img_response_message1

    1.初回通知

    一番最初に通知するメッセージです。 顧客はこのメッセージを受けて、継続的顧客管理を開始します。

  • img_response_message2 img_response_message2

    2.リマインド通知

    「初回通知」に反応しなかったユーザーや、途中で離脱してしまった顧客に対して、回答を促すための追加メッセージ送信です。

  • img_response_message3 img_response_message3

    3.不備の通知

    「初回通知」や「リマインド通知」に回答後、バックオフィスでその内容を確認した結果問題があったケースでの追加メッセージ送信です。このメッセージを受けた顧客は、再度回答を行います。
    また、この「不備通知」ではどの個所に問題があったかを表示できます。

ico_cost.svg

コスト削減

On LINE 継続的顧客管理なら、メッセージ送信から回収、結果の連携まで一貫してデジタル対応ができるので
トータルコストが抑えられます。

img_cost_figure img_cost_figure

費用

各金融機関様に合わせたプランをご提案しております。詳しくはお問い合わせください。

お問い合わせはこちら

Q&A

Q.LINEと友だちになっている顧客にしか送信できないの?

On LINE 継続的顧客管理では友だちになっていなくても送付が可能です。LINE通知メッセージという携帯電話番号を用いて、重要性や必要性の高いメッセージを通知する機能を使用します。

※LINE通知メッセージの詳細はこちら

Q.顧客のスマホに依頼がきても回答されないのでは?

メディア露出強化や告知により社会的認知度向上を行います。また、今後LINEポイント付与などのキャンペーン実施も予定しています。

継続的顧客管理を
ご検討中の金融機関様へ

サービスに関する個別相談、プランや費用などの詳細は、資料請求またはお問い合わせください。

資料請求・お問い合わせはこちら