ホテル・旅館業 × AI技術

業界背景

新型コロナウィルス(COVID-19)感染拡大に伴い、海外旅行者の減少に加え、国内でも県をまたぐ旅行機会の減少などにより、昨今、ホテル・旅館業界は大きな打撃を受けており、万全な感染防止対策の実施が急務となっています。また、近年は多数の国から外国人観光客が訪れており、多言語対応が求められています。

そして、東京オリンピック開催によるホテル需要の増加を見込んだホテル建設が続いていたため、今、ホテル業界は競争が激化しており、各社選ばれるための差別化戦略が必要とされています。しかし、その一方で、人手不足に伴う従業員の業務負担増加なども解決しなければならない問題点となっています。

抱える課題

  • 人対人による対面接客における感染防止対策に限界がある

  • 全ての言語に応対できるスタッフの確保が難しい

  • 多様なニーズに応えるために現場スタッフの業務負担が大きい

  • 人手不足によりお客様からの問い合わせを対応しきれない

AI導入で顧客の利便性および満足度向上

少人数での業務遂行、人対人の対面業務の省人化を実現すると同時に、顧客の利便性および満足度向上、感染防止対策の実施にも繋がる施設運営に貢献します。

ホテル・旅館業への
AI導入のメリット

  • 従業員の
    業務負担軽減

  • 感染防止対策を実施した
    ホテル・旅館運営

  • 多言語対応による
    顧客満足度向上

業界のAI技術活用例

  • CASE 1

    ホテル・旅館業×電話応対AI

    • 予約の受付/変更/確認などの問い合わせ電話応対の自動化

      24時間365日受け付けている予約関連の電話でのお問い合わせをAIが自動応対することで従業員の業務負荷を軽減すると同時に、運営に必要な人数の削減にも繋がります。

      また、施設に関する簡単な問い合わせ、宿泊中のお客様からの簡単な質問はAIが応対し、複雑な問い合わせは有人応対に切り替える仕組みを導入するなど、円滑で柔軟な顧客対応が実現します。

      受付での直接的な接客機会の軽減にも繋がるため感染症防止対策にも貢献します。

      LINEの電話応対AIサービス

      LINE AiCall

      音声認識と音声合成、会話制御のAI技術を組み合わせ、人と会話するような対話応答を実現するソリューションです。

      詳しくみる
  • CASE 2

    ホテル・旅館業×AI-OCR

    • 種々様々な紙の情報をデータ化/顧客管理の効率化

      ホテルや旅館などの宿泊施設では、顧客情報だけでなく会場利用などに関わる、あらゆる書類が存在します。AI-OCRを活用することで、そういった紙のデータを低コストでテキストデータ化することが可能です。

      紙で管理していた過去情報も管理しやすくすることにより、顧客の利用履歴や利用情報の検索、確認等ができるようになります。

      LINEのOCRサービス

      CLOVA OCR

      悪条件下でも認識可能な世界最高水準(※)あらゆる書類や画像をテキスト化できます。※ICDARという国際会議で4分野で世界No.1の評価を獲得(2019/3/29時点)

      詳しくみる
  • CASE 3

    ホテル・旅館業×AIチャットボット

    • 顧客からの問い合わせ応対をAIが多言語でサポート

      顧客からの質問などの問い合わせ対応にAIチャットボットを活用することで、内線電話やフロント前でお客様をお待たせすることなく、質問へ即時回答できる顧客サポートが実現します。

      また、24時間365日かつ多言語での対応が可能となるため、訪日外国人旅行者の対応も代替し、従業員の業務負担軽減や顧客満足度向上へ貢献します。

      LINEのAIチャットボット

      CLOVA Chatbot

      LINE公式アカウントとも連携可能。お客様からのよくある質問への応答や接客用Botにも展開できます。

      詳しくみる

イベント・セミナー情報

ご相談・お問い合わせ

AIサービス導入についてのご相談や、
パートナーシップ提携はこちらから。

お問い合わせ
  • メルマガ登録

    LINE CLOVAのセミナー情報や事例などの
    最新情報をお届けします。