流通・配送業 × AI技術

業界背景

EC市場の拡大、フリマアプリやネットショップの需要増加に伴い、配送量が増え、人手不足の問題が深刻化しています。特にドライバーの減少や高齢化が大きな問題となっており、従業員の長時間労働による業務量・体力・精神的な負担や事故リスク増加に繋がる大きな社会問題となっています。

また、個人利用の急増により小口配送が増え、細かい時間指定や再配達などの対応により配達回数の増加に繋がっており、オペレーターやドライバーの業務過多、コスト増大も問題視されています。

人手不足によって、属人化が進んでいることで業務の平準化への妨げにも繋がってしまっています。

抱える課題

  • 人手不足によりドライバーの業務負担が大きい

  • 配送量の増加、再配達対応などによりオペレーター業務や事務作業負担が
    大きい

  • 管理業務の負担が大きく、労働環境を改善することが容易ではない

AI導入でドライバー・オペレーターの
業務効率向上

ドライバーやオペレーターなどの業務負担を軽減することで、必要業務に集中することができるため、業務効率の向上にも繋がります。特にドライバーは顧客からの受電対応を削減することで配送業務に集中することができるため、事故リスク低減にも繋がります。

流通・配送業へのAI導入のメリット

  • 従業員の
    業務負担軽減

  • 業務過多、
    事故リスク低減

  • 業務効率向上

業界のAI技術活用例

  • CASE 1

    流通・配送業×電話応対AI

    • 集荷依頼、再配達依頼などの電話応対自動化

      法人・個人のお客様から日々お問い合わせのある集荷や再配達依頼などオペレーションが定まっている電話対応をAIが代替することで、ドライバーやオペレーターなどの受電対応業務の負担軽減に繋げることができます。また、問い合わせ数が多い時間帯/時期でもAIが人の業務をサポートするため、お客様の待機時間軽減にも繋がり、顧客満足度向上へも貢献します。

      オペレーションが複雑な問い合わせなどは、必要に応じて有人対応に切り替える仕組みを導入することで、少ない人数のオペレーターでも運営することが可能です。

      有人対応が困難で受付対象外としていた時間帯(早朝や深夜帯等)も、AIを活用することで24時間受付を実現し、機会損失の最小化を図ることができます。

      LINEの電話応対AIサービス

      LINE AiCall

      音声認識と音声合成、会話制御のAI技術を組み合わせ、人と会話するような対話応答を実現するソリューションです。

      詳しくみる
  • CASE 2

    流通・配送業×AI-OCR

    • 手書き/印字の各種伝票処理の自動読み込み・テキストデータ化

      手書きまたは印字された各種伝票の処理を行う際のデータ読み込みおよびテキストデータ化をAI-OCRを活用して自動化することで、従業員の業務負担軽減、業務効率化、データ入力/確認ミスの軽減を実現することができます。

      LINEのOCRサービス

      CLOVA OCR

      悪条件下でも認識可能な世界最高水準(※)あらゆる書類や画像をテキスト化できます。※ICDARという国際会議で4分野で世界No.1の評価を獲得(2019/3/29時点)

      詳しくみる
  • CASE 3

    流通・配送業×AIチャットボット

    • 簡単な質問や問い合わせ対応をAIがサポート

      荷物の問い合わせや各種サービスの料金検索、お届け予定日/所要日数の検索、各種サービスの検索などにAIチャットボットを活用することで、オペレーターの業務負担軽減、お客様の利便性向上に貢献します。

      LINEのAIチャットボット

      CLOVA Chatbot

      LINE公式アカウントとも連携可能。お客様からのよくある質問への応答や接客用Botにも展開できます。

      詳しくみる

イベント・セミナー情報

ご相談・お問い合わせ

AIサービス導入についてのご相談や、
パートナーシップ提携はこちらから。

お問い合わせ
  • メルマガ登録

    LINE CLOVAのセミナー情報や事例などの
    最新情報をお届けします。